建築物


アナヌリ要塞
ムティウレティ地方
トビリシから60km
16-17世紀中世後期、グルジアは、当時の大帝国であった、オスマン・トルコとペルシャの間の絶え間ない戦いの場となりました。その時代の多くのキリスト教の記念碑は、とても飾り気のないものです。それでも、それ以降の中世代にも、多くの重要な記念碑を遺しており、その一部は、文化的な観光ルートに必要なものとして記載されています。例えば、アナヌリにある16世紀の教会と要塞。
アハリ・シュアムタ修道院
カヘティ地方
トビリシから175km
14-16世紀アハリ・シュアムタ女子修道院はカヘティ地方、ゴムボリ峠の道に位置されています。16世紀王レヴァン2世と女王ティナティンの時代に建てられました。教会の壁はイエスキリストの生活のシーンや貴族の姿を現しているフレスコが描かれています。
アラヴェルディ修道院カヘティ地方
155km
11世紀大コーカサアス山脈の麓に広がる、緑豊かでワインの名産地として知られるカヘティ地方にて独特の文化と習慣に触れるほか、中世の宗教建築物も訪問できます。11世紀に建てられたアラヴェルディ修道院の聖ギオルギ教会はグルジアで第二番目の最高の教会である。
アンチスハティ教会
トビリシ
自由広場から1km
6世紀トビリシでも初期キリスト教の記念碑を見つけることが出来ます。トビリシの旧市街にある6世紀のアンチスハティ(Anchiskhati)と言う古い教会。アンチスハティでは古くから、アンチという場所からもたらしたイエス様のイコン(グルジア語でイコンはハティと言う)が保管され、アンチのイコンの教会と言う意味があります。
アテニ・シオニ教会
カルトリ地方
トビリシから78km7世紀アテニ・シオニ教会は、ムトクヴァリ峡谷、古くからシルキロードと繋げていたゴリ地方に位置されています。7世紀には特別な灰色の石で建てられ、ユーニクな形をしています。アテニ・シオニは芸術家の中では中世のレリーフ(壁のレリーフ)と美しいフレスコ画の教会として知られています。
バグラティ教会
イメレティ地方
トビリシから250km11世紀バグラティ教会はイメレティ地方、クタイシ中心部に位置されています。教会は11世紀バグラティ王によって建てられ、中世グルジア建築物の立派な例となっています。バグラティはユーネスコ世界遺産に登録されています。
ボルニシ教会
カルトリ地方
トビリシから60km5世紀337年にキリスト教を国境としたグルジアは世界で二番目のキリスト教国家である。4世紀からグルジアの文化キリスト教に基つき、数多い侵入の幸苦を耐えました。グルジアの最も古い教会は473-488年に建てられたボルニシのバシリカ風の教会です。
ダヴィド・ガレジャ修道院
カヘティ地方
トビリシから80km
6世紀グルジアの南東に聖ダヴィッドによって建てられたダヴィド・ガレジャと言う修道院があります。ガレジャは、岩に刻まれた教会や洞窟等から成っており、半砂漠の殺風景な風景に調和するように配置され、独特のフレスコ画で飾られた教会や岩に刻まれた洞窟等があります。
ゲラティ修道院
イメレティ地方
トビリシから259km
12世紀ゲラティ複合体は古代コルキス王国の首都クタイシに位置されています。12世紀西グルジアのクタイシと言う大都会の近くにある、建国者、ダヴィッド・アグマシェネベリ(ダヴィッド四世:Davit IV)によって、グルジアの全盛期に建てられたゲラティ教会は、当時、グルジアの主要啓発中心でした。グルジアの黄金時代の建物の代表です。聖母マリア教会の壁が床から天井までフレスコ画で飾られています。
ゲルゲティ教会
ヘヴィ地方
トビリシから170km
14世紀ゲルゲティ三位一体教会カズベギ(ステファンツミンダ)、三位一体山(標高2170m)の上に立つ小さな教会です。現在の建物は13-14世紀に建てられました。テラスからカズベギ街、クロ山(標高4100m)カズベグ山(標高5047m)のよい写真が撮れます。
グレミ複合体
カヘティ地方
トビリシから175km
16-17世紀中世にグレミはカヘテ公国の中心都市で、カヘティ地方を守ってきた要塞です。グレミは丘の上に立つ教会です。グレミ複合体16-17世紀、王レヴァンと女王ケテヴァンの時代に設立され、アークエンジェル教会、鐘楼、城壁が含まれます。アークエンジェル教会の内部は17世紀のフレスコで飾られています。
グルジャーニス・クヴェラツミンッダ教会
カヘティ地方
トビリシから105km8世紀グルジャーニス・クヴェラツミンダ聖母マリア教会はカヘティ地方、グルジャーニ街から2キロメートッルと離れるところに位置されています。教会はドームが二つあり、ユーニクな形をしています。創建は8世紀にさかのぼり、以後何度か再建されました。
イカルト教会
カヘティ地方
トビリシから152km
6-12世紀イカルト修道院は聖ゼノンが設立されました。聖ゼノンはキリスト教を布教するために6世紀にアッシリアからグルジア来た13人の修道士のお一人です。イカルト複合体は11-12世紀ダヴィド4世(ダヴィド・センチク)の時代に設立され、三位一体教会、イエスの変容教会、バシリカ風の礼拝堂などがあります。
ジヴァリ聖堂
古都ムツヘタ
トビリシから30km
6-7世紀ジュヴァリ聖堂はムツヘタの町を見下ろす山上に立ち、グルジア初期の教会建築を代表する6世紀の教会である。ジュヴァリとはグルジア語で十字架の意味で、まずこの地に聖ニノが木製の十字架を立てたとの伝承にもとずいています。
ヘルトヴィシ要塞
サムツヘ・ジャヴァヘティ地方
トビリシから275km
未知美しい景色で有名なヘルトビシ要塞は最も古い要塞の一つである。4世紀ニアレクサンダー大王ガ訪ねたという伝説があり。タマラ女王の時代に建てられたという伝説もあります。
キンツヴィシ教会
カルトリ地方
トビリシから126km
13世紀キンツヴィシ聖ニコラス教会は13世紀に建てられて、ユーニクなフレスコ画で知られています。教会の内部は、王グイルギ3世、女王タマル、ラシャーギオルギ王、またはアークエヌジェル(キンツヴィシのアークエンジェル)などのフレスコで飾られています。教会の隣にバシリカ風の聖母マリア教会があります。
メティ教会
トビリシ
自由広場から1, 5 km
6-7世紀メテヒはムトクワリ川のほとり、丘の上に建つ小さな教会です。今のある建物は13世紀デメトレ王によって建てられました。何度も再建されたものです。教会のテラスにトビリシ街創設者、馬に乗ったヴァフタング・ゴルガサリ王の像が立つテラスからトビリシ旧市街の素晴らしい景色が見えます。
モツァメタ修道院
イメレティ地方
トビリシから265km
8-11世紀モツァメタ修道院はクタイシ街の近く、緑の山で囲まれた峡谷に位置されています。モツヴメタは「殉教者」という意味があり、8世紀にアラブの侵入のとき殺された領袖・ダヴィドとコンスタンティンネの聖遺物が保管される場所です。 修道院は8世紀に設立され、何度か再建されました。
カシヴェティ教会
トビリシ
ルスタヴェリ大通り
1904-1910年ルスタヴェリ大通りにある、カシュヴェティ聖母マリア教会はグルジア正教のシンボルの一つです。古くからここはお祈りの場所でしたが、今ある建物は1904-1910年に建てられたものです。教会の外部は壁のレリーフで飾られています。教会内の壁がグルジアの有名な画家・ラド・グディアシヴィリ(1896–1980)によって描かれました。
ママダヴィド教会
トビリシ
自由広場から1, 5 km
19世紀ママダヴィド修道院複合体はムタツミンダ山の上にたっています。ママダヴィド修道院と呼ばれ、は6世紀聖ダヴィドによって設立されました。聖ダヴィドはキリスト教を布教するために6世紀にアッシリアからグルジア来た13人の修道士のお一人です。修道院の庭の中にパンテオンがあります。
ナリカラ要塞
トビリシ
自由広場から1, 5 Km
4世紀ヨーロッパとアジアの交差点に位置するトビリシは多民族、多文化、多教会の街であり、人口100万人を数えるグルジアの首都です。三方を山に囲まれ、斜面には家々が肩を寄せ合っています。旧市街は、町並みを保存するために舗装されていません。4世紀建てのシュリス・ツイヘ-後に名乗ったナリカラ要塞は戦略上の重要な拠点に位置し、繁栄と衰退を見てきました。
ネクレシ修道院
カヘティ地方
トビリシから165km
6-12世紀クワレリ地方に位置されています。ネクレシ修道院は6世紀聖アビボによって設立されました。聖アビボはキリスト教を布教するために6世紀にアッシリアからグルジア来た13人の修道士のお一人です。バシリカ風の教会はネクレシ修道院の最古の教会である。
ニコルツミンダ修道院
ラチャ地方
トビリシから340km
11世紀ニコルツミンダ複合体はラチャ地方(北西グルジア山地)位置されています。1010-1014年にバグラット王によって建てられました。教会の壁はレリーフで飾られて、内部は聖書のシーンを表すユーニクなフレスコ画で知られています。
ニノツミンダ修道院
カヘティ地方
トビリシから55km
6-16世紀ニノツミンダ女子修道院は6世紀に設立され、中世グルジアの立派な宗教建築物の一つである。19世紀教会の壁の一部が地震で崩れおちました。教会の内部では美しいフレスコが見られます。
サムタヴィシ聖堂
カルトリ地方
トビリシから48km
11世紀337年にキリスト教を国境としたグルジアは世界で二番目のキリスト教国家である。4世紀からグルジアの文化キリスト教に基つき、数多い侵入の幸苦を耐えました。サムタヴィシ修道院の複合体はキリスト教を布教するために6世紀にアシリアからグルジア来た13人の修道士によって設立されました。サムタヴィシ聖堂は11世紀に建てられ、中世建築物の立派な例である。教会の壁が美しい模様のレリーで飾られて、内部は古いフレスコが見られます。
サムタウロ女子修道院
古都ムツヘタ
トビリシから30km
11-13世紀サムタウロは「貴族の所」という意味があり、古くからグルジア王の戴冠式が行われる場所でした。サムタウロ複合体の中にイエスの変容教会、聖ニノ教会、13世紀の鐘楼があります。
サパラ修道院
サムツヘ・ジャヴァヘティ地方
トビリシから235km
13-14世紀サパラ修道院は9世紀に設立され、13世紀にサムツヘ地方(南グルジア)の支配者・サルギセスとベカによって新しい教会が建てられました。サパラ複合体の聖サバ教会は14世紀のユーニクなフレスコ画で有名である。
シャティリ村
ヘウスレティ地方
トビリシから160km
中世シャティリ村はコーカサス山脈の山懐、標高2000mを越える山岳地帯にあり、民俗学、建築学、ワイルドな自然に触れた山、高地の生活様式に興味のある方にはお勧め。塔の王国と呼ばれるへブスレティでは生活習慣がこの高地と同様に厳しいです。この地方の人々は素晴らしい民族衣装、民族舞踊と音楽文化を持ち、季節的に古代の儀式,民謡フェスティバールや宗教的な祭りを行います。
シオ・ムグヴィメ修道院
カルトリ地方
トビリシから40km
6世紀聖シオはキリスト教を布教するために6世紀にアッシリアからグルジア来た13人の修道士のお一人です。現在は聖シオが住んでいた洞窟の中に教会があります。その隣に11世紀から12世紀にかけて王ダヴィド建築によって聖母マリア教会も建てられました。
シグナギ
カヘティ地方
トビリシから144km18世紀ワインの産地カヘティ地方の肥えた土地では500種類のワインが発展してきました。ワインは友情や寛大さの証とされ、なおかつ長寿の秘訣であり、人類と葡萄はともに誕生し共存して今に至ると言われています。 ロイヤルタウン―シグナギの立派で荘厳な風景・美味しいグルジアワインと食事が楽しめます。シグナギ町は防壁のある、国内で要塞化の最も古い例の一つとされる。
シオニ大聖堂
トビリシ
自由広場から1.5 km
6 th – 7 th CCシオニはグルジア正教会の主要なシンボルであるブドウの十字架が保管され続けているグルジア正教の総本山である。伝説によると、この十字架はグルジアでキリスト教を布教した聖ニノがこのブドウの木で作られた十字架を聖母マリアから受けとリ、或いは彼女自身がムツヘタへ向かう途中で鍛造し、それを彼女の髪と絡めて保管していたと言われています。
アバノトゥバニ・浴場の地区
トビリシ
自由広場から1.8 km
7-8世紀アバノトゥバニは浴場の地区という意味があり、一日中300万リットルのお湯が出て、お湯に含まれるイオウは体に、特に肌にとてもいいです。伝説によると王ヴァフタングの時代にここで温泉が発見され、王は泉や周りの景色がとても気に入り、そこに新しい町を作ることにした。その泉の暖かい水に因んで、新しい町を「トビリシ(グルジア語でトビリTbili は暖かいという意味)」と名づけました。
スヴェティ・ツホヴェリ聖堂
古都ムツヘタ
トビリシから30km
11世紀ムツヘタ町にグルジアで最古のものといわれるスヴェティ・ツホヴェリ大聖堂があります。現在の建物は11世紀に再建されたものですが、はじめて教会がたてられたのがこの場所でした。伝承によれば、この場所にはキリストの外衣の一部が埋められています。
ティモテスバニ教会
トリ地方
トビリシから190km
13世紀トリ地方のティモテスバニ村に位置する聖母マリア教会は12-13世紀に建てられ、中世グルジア素晴らしい宗教建築物の例である。教会の内部には聖書のシーンを表すユーニクな壁のフレスコ画が描かれています。
トゥモグヴィ要塞
サムツヘ・ジャヴァヘティ地方
トビリシから290km
10世紀トゥモグヴィは古くから南グルジアを守ってきた要塞の一つ。サムツヘ・ジャヴァヘティ地方、ムトクヴァリ峡谷に、丘の上に位置される歴史的な要塞である。昔から南グルジアを通過する重要な貿易ルートを守っていた。
ツィルカニ教会
カルトリ地方
トビリシから45km
4世紀ツィルカニ教会は古都ムツヘタの近く、ムフナリ峡谷に位置されています。4世紀にバカル王によって建てられたグルジアの最古の教会の一つ。その時代の建築物の立派な例である。グルジアでは、聖母マリアのユーニックなイコン「ツィルカニのマリア」で知られています。現在はトビリシ国立博物館の宝物官に保管されています。
ツロミ聖堂
カルトリ地方
トビリシから98km
17世紀ツロミ聖堂はカルトリ地方(中部グルジア)に位置されています。教会は17世紀に設立され、グルジア宗教建築物の立派な例である。教会の壁は多彩なモザイクの模様や絵で飾られています。
ツグルガシェニ教会
カルトリ地方
トビリシから79km
13世紀ツグルガシェニは教会の壁にある窓のレリーフ(彫刻)とユーニクなフレスコ画で知られています。内部にギオルギ王と教会の建築家‐ハサンの姿を現しているフレス画が描かれています。
ウビシ複合体
イメレティ地方
トビリシから195km
9世紀イメレティ地方のウビシ村に位置する美しい複合体であリ、中に9世紀の聖ジョールジ教会と3階建ての塔があります。中世後期、グルジアは、当時の大帝国であった。オスマン・トルコとペルシャの間の絶え間ない戦いの場となりました。その時代の多くのキリスト教の記念碑は、とても飾り気のないものです。ウビシは何回も破壊され、修復されました。教会は14世紀の聖ジョールジと聖書のシーンを表すユーニクな壁のフレスコ画で知られています。
ウフリス・ツィへ岩窟町
カルトリ地方
トビリシから80km
紀元前8-7世紀紀元前8-7世紀にグルジア人は集住し始めます。インドからの貿易ルートはムトゥクヴァリやリオニ谷を通り、黒海やさらに西の地へ続いていました。ウプリス・ツィへのような街はこの貿易ルートに沿って、産業や貿易の中心地として栄えてきました。 ウフリス・ツィヘはカルトリ地方の政治や行政の中心になり、拡張してきました。住居や教会は町の中心にあり、貿易センターや名工の商店は町の南側に広がっていました。
ウシグリ村
スヴァネティ地方
トビリシから550km
中世ウシュグリ村は人の居住地としては世界中で最も標高が高い地域の一つです。スワネティ地方はコーカサス山脈の山懐、標高2000mを越える山岳地帯にあり、他民族との戦いのときに建設された「搭状の家」が建ち並び、塔は今もスワネティ地方を自然災害から守っています。ウシュグリの美しい文化的景観と記念建造物群はユネスコ世界遺産に認定されています。
ヴァニス・クヴァベビ修道院
サムツヘ・ジャヴァヘティ地方
トビリシから280km
8-16世紀垂直な火山性の岩壁に刻まれたヴァニスクヴァベビは8世紀に設立された洞窟修道院です。ジャヴァヘティ台地(南グルジア)に位置されています。ヴァニス・クヴァベビ修道院の複合体は、岩に刻まれた教会や洞窟等から成っており、半砂漠の殺風景な風景に調和するように配置され、独特のフレスコ画で飾られた教会や岩に刻まれた洞窟等があります。
ヴァルジア岩窟町
サムツヘ・ジャヴァヘティ地方
トビリシから144km
12-13世紀ムトゥクヴァリ川に面している洞窟街ヴァルジアは500メートル以上広がっています。修道院は国を結束させるために作られ、個人のポーチ、バルコニーや侵入してくる敵から身を守るためのトンネルがありました。
ザルズマ修道院
サムツヘ・ジャヴァヘティ地方トビリシから210km
10世紀ザルズマ修道院は10世紀に聖セラピオン・ザルズメリによって設立され、ダヴィド・クラパラティ王の時代に教会と鐘楼が立てられました。教会の壁には珍しいレリーフが刻まれています。教会の内部は多彩なフレスコで飾られて、キリスト崇拝と生活の様子などを現しているフレスコ画が描かれています。