宗教


4世紀からグルジアの文化はキリスト教に基づいて、数多い侵入の幸苦を耐えました。各丘の上に建てられている教会はこの国の宗教の力強さを表しています。
337年からキリスト教はグルジアの国教として栄えています。グルジアでキリスト教を布教したのは、カバドキアから来た聖女ニノ(Saint Nino)です。ある伝承によるとニノは夢の中で、聖母マリア様から葡萄十字架をいただき、十字架を自分の髪の毛で結びました。その葡萄十字はグルジア正教会の主要なシンボルであり、今もグルジアの首都トビリシにあるトビリシ・シオニ大聖堂で保管され続けています。
グルジアは正教国です。人々の信仰心がかなり強く、毎週、日曜日になると教会にミサへ出かけていきます。街の中心には必ず教会があリ、それが街のシンボルとなっています。逆に言えば,グルジアの街は教会を中心に形作られているのです。
一番古い教会は5世紀の後半に建てられたボルニシ村(南グルジア)のバシリカ(473-488)です。