ワイン


グルジアは世界最古の葡萄原種が現存、ワイン発祥の地と言われています。南グルジア地域では最も古い人類の集落跡と、また青銅器時代のお墓から葡萄に化石が発掘され、紀元前2000年前からグルジアの地でワインが造られていたことが証明されています。
葡萄の木がシンボル的な意味があります。グルジアでキリスト教を布教したのは、カパドキアの聖女ニノです(Saint Nino)。聖女ニノは夢の中で、聖母マリア様から葡萄十字架をいただき、自分の髪の毛で結び、グルジアに持っていきます。その十字架は今でもトビリシにあるシオ二大聖堂の中で保管され、グルジア正教会のシンボルになっております。
グルジアの原種のブドウはサペラヴィ種(Saperavi)、アレキサンドリ種(Aleksandrouli)、フワンシカラ種
(Khvanchkara)など他の国では見られない固有種として今に伝えられ、古代からカヘティ(Kakheti)、イメレティ(Imereti)、カルトリ(Karti)地方では多種のワインが造られてきました。
グルジアでは今でも葡萄酒を陶製の壷に入れ、土に埋めて貯蔵します。この文化が長い歴史があり、グルジアの考古学者たちが3000年前の粘土製のさまざまなワイン貯蔵壷を発掘しました。
グルジアワインは世界で最古のワインであるとも呼ばれ、ブドウ栽培に適した気候を持ち、古代から先進地域であった小アジアからコーカサスでワインが生まれた可能性は十分にあるとされています。
葡萄収穫はルトヴェリと呼ばれ、季節になるとグルジア人が家族と一緒にブドウ畑に向かい、収穫に参加します。
ワイン造りの地域で各家族は伝統的なワイン造りの小屋・マラニ(Marani)を持ち、マラニの中にワイン壷やブドウ絞りに使われる巨大な木造の大おけサツナヘリ(Satsnakheli)が必ずあります。
収穫の時には葡萄の汁から美味しいお菓子グルジアを代表するタタラとチュルチヘラ(Churchkhekla)が造られ、葡萄収穫の季節はグルジアの子どもの大好きな時期です。